高野山真言宗準別格本山 報恩院

​〒648-0211 和歌山県伊都郡高野町高野山283 ℡0736-56-2350 Fax0736-56-3826

報恩院の縁起

​ 別格本山報恩院は貞観寺真雅僧正の弟子、弘法大師の孫弟子にあたる如海上人によって開基されました。

落雷により堂宇は焼失してしまいましたが、建久年間(1190~)に高僧仁雅僧正によって復興され、中島都史多院と呼ばれていました。

慶安年間(1648~)に仁和寺宮報恩院の令旨を賜り、寺号を報恩院と改められました。

時代は過ぎ、芭蕉の弟子桃青が松尾伝八郎と呼ばれていた頃、主の遺骨を当院に納めたと伝えられています。

 

■宗派 高野山真言宗

 

■本尊 大日如来

報恩院の本堂

​ 尊の金剛界大日如来坐像を中心として、向かって右に弘法大師坐像、左側に不動明王をお祀りしています。外陣には椅子が配置されており、ゆったりとお参りできます。

​ 

阿字観

字観は真言密教に伝わる瞑想法です。

経験者の方だけでなく、初心者の方でも体験することができます。

阿字観の体験を希望される方は事前予約が必要です。